本革名刺入れ 
本革名刺入れ 
本革名刺入れ 
本革名刺入れ 
本革名刺入れ 
DSC_0116
DSC_0123
DSC_0018_edited
DSC_0288
DSC_1001
previous arrow
next arrow
DSC_0116
DSC_0123
DSC_0018_edited
DSC_0288
DSC_1001

さりげなく見られる よりも “見せつけろ”「名刺入れ」

本革名刺入れ 

スマートさと収納力を兼ね備えた名刺入れ

名刺入れはビジネスシーンなど、初対面の方に与える「第一印象」のアイテムです。
“印象”は挨拶や外見だけでなく、無意識に「仕草」も相手に伝わっていますので、ぜひ、高級感のある革の名刺入れを使って、印象アップして頂きたいと思います。

馴染みのある定番のカタチですので、すぐに使い慣れて頂け、
スマートに名刺交換をして頂けると思います。

収納力につきましては、50枚ほどでも”楽々”と入りますので、たくさん持ち歩くことができます。

3つのポケットで使いやすさも抜群
自由自在にカスタマイズも可能

また3ヶ所に分けて入れられるので、ご自身の名刺と、頂戴した名刺、良く取り出すことが多いものなどを分けてわかりやすくお使い頂けます。

「背面にポケットをつける」など、オーダーメイドなら使いやすいようにお客様のオリジナルの機能の追加・変更も出来ますので、ご要望ございましたら気軽にお申し付けくださいませ。

本革名刺入れ 
※写真は中身が見えるように撮影しており、
実際は、上のポケットも奥まで名刺が入ります。

本革名刺入れの仕様

本革名刺入れ 
名刺入れ 正面
本革名刺入れ 
名刺入れ 開閉時
本革名刺入れ 
名刺入れ 側面

大人にふさわしい、名刺入れの選び方とは?

名刺交換はビジネスマンにとって大切な習わし。その際、意外と見られている名刺入れで損をしない大人にふさわしい名刺入れの選び方とおすすめポイントをご紹介します。

ポイント1

品格を感じさせる上質な素材を選ぶ

本革名刺入れ 

名刺入れのデザインは基本的にシンプル。
だからこそ、質感が重要なポイントとなり、上質感のある素材を選ぶことが大切です。

創作鞄槌井の名刺入れは、本革で作っているので、見るからに上質な素材と言えます。素材は高品質ですが職人が併設の工房で手作りしているのでお値段は製造直販価格に抑えています。自慢したくなるほど上質な名刺入れを持つだけで、名刺交換が楽しくなるはずです。

ポイント2

使いやすいシンプルな物を選ぶ

名刺交換の際はスマートな印象を与えたいものなので、使いやすい物を選ぶことによってスマートに名刺交換ができます。
名刺を出し入れする動作にもたつかず好印象を与えられます。

創作鞄槌井の名刺入れは使いやすいデザインを試行錯誤した結果余計な機能を付け過ぎず、シンプルな作りに仕上がりました。シンプルな構造なので丈夫というところも嬉しいポイントです。

本革名刺入れ 

ポイント3

遊び心のあるカラーも視野にいれて選ぶ

本革名刺入れ 

基本的に、ビジネスのシーンは決まりことが多く、それを逸脱するには経験とセンスを必要とします。例えば、ベルト、バッグ、靴などの小物類は質感や色みを揃えるのが原則。財布や名刺入れも統一したほうが洗練された印象になりますが、普段は外に出さず、しかも毎日使うアイテムなので、無理に統一しなくても問題はありません。

そこで、あえて色で遊ぶという手もあります。好きなカラーや思い入れのある色を選べば、そこから会話が生まれて親近感が増すことも。画像のタイプのように、裏地に差し色が採用されたデザインを選び、さり気なく個性を演出するという方法もあります。他にも革は黒でステッチのみ赤などポイントになるカラーを入れるのも遊び心がありますね。

名刺の色はどう選ぶ?名刺の色が与える印象

名刺の色が与える印象や特徴についてご説明。職種や役職を踏まえたうえで、自分にとってぴったりな色を名刺に活用しましょう。

本革名刺入れ 

黒色

黒色は自立や礼儀、威厳といった言葉に象徴される、落ち着いた大人のイメージです。
それをうまく使えば、クールでスタイリッシュな高級感を演出することができます。

業種・職種を問わずに活用しやすいため、色選びに迷ったときは黒色を選んでおくことがおすすめです。

本革名刺入れ 

茶色

茶色には、「保守的・重厚・堅実」といった印象を与える効果があります。落ち着きや自然を感じさせる色であるため、相手を安心させたい職業の方におすすめです。

具体的には会計士や弁護士、不動産業など、士業の方や取引の金額が高額になりやすい職種でよく採用されます。品格の高さを演出してくれるため、役職が高い方や経営者の方にも向いているでしょう。

本革名刺入れ 

赤色

赤色には、「力強い・アクティブ・充実感」といった印象を与える効果があります。相手の目を引く印象に残りやすい色であるため、アクセントとして一部に取り入れるだけでも効果的でしょう。

赤色には、気分を高揚させたり食欲を刺激したりする効果もあります。そのため、飲食店との相性がいいところも特徴的なポイントです。

本革名刺入れ 

青色

青色には、「信頼感・知性・スピーディー」といった印象を与える効果があります。「身分を証明して信頼感を獲得する」という名刺の役割や目的と色の印象がマッチしていることから、特に高い人気を集める色です。

業種・職種を問わずに活用しやすいため、色選びに迷ったときは青色を選んでおくことがおすすめです。

本革名刺入れ 

黄色

黄色は、「明るい・活動的・にぎやか」といった印象を与える効果がある色です。こちらも赤色と同様にインパクトが強いため、相手の目を引きたいときにおすすめです。

明るい気分にさせたり活発な印象を抱いてもらえたりする黄色は、お客さまと直接コミュニケーションを取ることが多い職業に最適です。特に、料理教室や美容院などでよく採用されます。

名刺の色が与える印象とは?名刺入れの色に関するマナーも解説 名刺作成専門のデザイン名刺.net
https://www.designmeishi.net/meishidatabase/123_Impression_given_by_the_color_of_the_businesscard/

本革名刺入れ 40代男性

シンプルながらも本革の風合いが高級感があり使い勝手も良いです

本革名刺入れ 30代女性

名刺入れとして使いふるした後、カードの出し入れがし易いのでポイントカード入れとして使うほど気に入っています

商品名 名刺入れ
クラス スタンダードクラス
サイズ 縦73mm × 横115mm × 厚み19mm
カラー 黒 / 茶 / 赤 / 青 / 黄
その他 カラー・サイズ等オーダーは承れますので、ご連絡ください。
価格 ¥7,980(税込)
よかったらシェアしてね!