創作鞄槌井について about

philosophy

お客様と共に創作していく工房

創作鞄槌井は、10年以上にわたり革専門でオーダーメイド製品の作れる神戸にしかないお店です。「お客様と共に創作していく工房」のコンセプトで手作りで作ったレザーバッグや革財布、革小物などを神戸元町にある工房併設の店舗で制作販売しています。創作鞄槌井ではオーダーメイドを承っており、革や裏地などの素材を選んでいただいたり、店頭にあるオリジナル革製品をお客様好みにカスタマイズして作ることもできます。また全国でも珍しいフルオーダーメイドも創業当初から承っていますので、安心してお客様の持ち込みのデザインや素材でのオーダーメイドをご注文して頂けます。

店頭にある商品もここでしかないオリジナルの商品ばかりですので、是非神戸にお越しの際は創作鞄槌井にお立ち寄りください。

お客様と共に創作していく神戸にある創作鞄槌井のイメージ写真

鞄職人としての使命

お客様の為に最適な革製品を
作り続けること

創作鞄槌井ではオーダーメイドなども承っているので、本当に様々な革製品を作らせて頂いています。
創作鞄槌井のようにフルオーダーメイドを承る工房が少ないのはそれだけ難しいからです。職人の得意な同じものを大量に作ることはどんな工房でもできると思いますが、お客さん持ち込みのデザインで初めて見るような形の物など、どんなものでも作るというのは非常に難しく、作れない若しくは作れたとしても採算が合わないので、多くの工房ではフルオーダーは承っていません。

そんな中創作鞄槌井でフルオーダーを承っている理由は「お客様と共に創作していく工房」というコンセプトのもとお客様合ったオリジナルもの物を作りたいという気持ちがあるからです。

しかしそれは並大抵のことではありません。鞄も財布も全部同じように作れるものだと思うかもしれませんが、実は全く違います。必要な道具も技術も材料も変わってきますし、構造が違う物を最短で理解し再構築するのは毎回非常に苦労します。またお客様によってご予算や価値基準も様々なので毎回ゴールが違います。

それでも創作鞄槌井ではお客様喜んでいただけるよう、最善、最適な物を作れるように日々鍛錬し成長し続けていくことを使命としてこれからも精進していきます。





職人紹介

創作鞄槌井 代表 槌井 仁基 写真

創作鞄槌井 代表

槌井 仁基つちいまさき

東京生まれ千葉育ち20代前半に京都の職人さんの工房で技術を教えてもらい、自分の好きな場所で起業したいと思い、日本中を旅して神戸が気にいり2012年25歳の時に今のお店のビルの2階で創作鞄槌井を起業しました。
最初はお店も商品もなかったですが、鞄や財布など様々な革製品を作り店内の内装工事を自分でしました。外側もしたいと大家さんに相談した所今の1階を貸してくださり、2014年頃から1階に移りましたが、内装工事など1からなので大変でした。 床が傾いていたのでコンクリートで土間を打ち、中二階を作り、床や壁を張り・・・
創業当初はお金がなかったですが、商品を買ってもらってお金を貯めては工事しを何回も繰り返し今の形にしました。

最初は数点しかなかった商品も数百店になり、様々なお客様のご要望をお聞きしてオーダーメイドを作らせていただき、三菱重工、アシックス、パリコレに出ているブランドなど大手の会社からもご依頼を頂き様々なお仕事もさせて頂きながら腕も磨き創作鞄槌井でしかできない、フルオーダーメイドの制作をしております。

これからも腕を磨きながら良い革製品を作っていけるように精進していきます。



創作鞄槌井 代表 槌井 仁基 写真
神戸にある創作鞄槌井の接客担当

槌井 美佑  

神戸高校卒

関西学院大学教育学部卒(中学校・高校の教員免許を取得)

神戸にある創作鞄槌井の接客担当

大学卒業後、特別支援学校の講師として経験を積む。

大学在学中セレクトショップ・有名ブランド店等のレディース・メンズ・シューズなど様々な販売の経験を生かして創作鞄槌井に携わる。

販売ではお客様に寄り添い革製品を使った時のことをイメージしやすいように話し方を心掛けており、

お気に入りが見つかったとお喜びの声をいただいています。

HP編集では創作鞄槌井の魅力や職人の技術をどなたでもわかりやすいように書いています。

素敵な写真も沢山載せていますので、イメージがわきやすいと思います。

お客様にピッタリの革製品がご提案出来て喜んで頂けたり、工房日記の感想をお客様から聞けたりするのがやりがいです♪

<好きなこと> 

自然派(有機など)な生活 旅行 図書館に行く 自宅でお茶を入れる 讃岐うどん屋さん巡り